弁護士と法律事務所の関係

法律事務所は、近年では弁護士の数も増えたことも影響し、非常に数多くありますが、この名前を掲げることができるのは、弁護士資格を有しているものがいなければならないのです。

日本には数多くの法律資格があります。

弁護士以外の法律資格である、行政書士や司法書士、他には社会保険労務士等、本当にたくさんの資格がありますが、どの有資格者でも、法律事務所という名前で事務所を運営することができないのです。

つまり、法務事務所や法律相談所や、少しもじった名前にしなければならないのです。

もし、法律問題に困ったことがあったときは、やはり弁護士に依頼するのが一番いいです。 その際は、法律事務所と看板を掲げている事務所に相談へいきましょう。