盗撮・盗聴

盗聴や盗撮被害は、ストーカー被害の延長上が多いです。

しかし、最近では、簡単にそういった盗聴・盗撮機器を一般の我々が購入できてしまうという問題から、会社などの部下・同僚・上司からの嫌がらせや近隣とのトラブルでの延長上の一つとしても挙げられます。

そのケースは、被害者の立場によって様々です。

また、家に盗聴・盗撮機器を設置されることがあれば、空き巣や泥棒、待ち伏せなど様々な二次被害の可能性も考えられます。

そんな盗聴・盗撮被害には、何でも相談する相手が犯人だというこも十分考えられるので、探偵事務所など、全く自分に接点のない第三者に相談することをおすすめします。